※ブツブツ毛穴、イチゴ鼻が治らない人必見

どろあわわ

当サイト管理人のりりかは、10年以上毛穴の汚れと戦っております

 

毎日クレンジングと洗顔しているのに、どんどん詰まる毛穴・・。
なんでなん!?肌のキレイな友達と同じケアしてるのに!なにが違うの?

毛穴が詰まったり、ニキビができたりするのにはきちんと理由があります。

今日は何をしても治らない!とお手上げのあなたへ向けて
皮膚の簡単な仕組み、メカニズムをご紹介します!

 

※やたらに毛穴汚れを取る化粧品を使うのではなく
自分に合った正しい方法でケアしていきましょう。

 

そもそも毛穴の黒、白のブツブツの正体って?

 

触るとザラザラ、見た目もポツポツ黒、または白い物体の正体は
「角栓」と呼ばれるものです。

角栓とは:皮膚の古くなった角質と皮脂が混ざり合って毛穴に詰まったもののことです。

黒いブツブツ、白いブツブツ、ともに正体は同じですが、
白いブツブツはできたばかりの目立つ角栓
黒いブツブツはその白い角栓の先端が空気に触れて酸化し、黒くなったものです。

 

角質や皮脂は必要?

 

皮脂膜とは皮膚の表面を覆う、一種の保護膜と言われています。

皮脂膜とは皮脂を主体として、汗などの水分、角質層の分解物などが混ざり合ってできたもの。pH4~6の弱酸性です。

一方、角質層は皮膚の一番表面の部分で、垢(あか)として皮膚表面を覆っています

一見、要らないもののような気もしますが、
皮膚のツヤをだしたり雑菌の繁殖を抑えたり外部からの刺激から守ってくれる重要な役割を果たしてくれています。

 

皮脂線が多く分布しているのは、額、鼻周辺、胸や背中の中央なので、
背中ニキビや鼻周りにトラブルが起きやすいのも納得ですよね。

 

 

毛穴が詰まる原因

 

皮脂や角質は皮膚を守るために必要とお話ししましたが、
一定量を超えてしまうと毛穴の詰まる原因になってしまいます。

皮脂が過剰分泌される、毛穴が詰まる原因として代表的なものは、

  1. 男性ホルモンの増加
  2. 皮脂過剰分泌により、*角質肥厚が起こり、毛穴が塞がる
  3. 皮脂が排出しきれずに毛穴にとどまる(*ターンオーバーの乱れ)
  4. 糖質や脂質の過剰摂取による皮脂の過剰分泌
  5. 洗顔、お手入れ不足
  6. (女性の場合)黄体期にプロゲステロンの分泌増加により、皮脂の生産が高まる
  7. 皮膚の極度の乾燥状態により、皮脂が過剰に分泌される

※角質肥厚とは:角質が肌にとどまり、皮膚の厚みが増して硬くなった状態のこと
※ターンオーバーとは:皮膚(表皮)が常に新しい細胞に置き換わっていくこと

 

要するに、脂っこいものなどの食生活お手入れ不足
また、喫煙される方は喫煙によって毛穴が拡張し、そこにタバコの有害な物質が付着する為、喫煙も毛穴汚れを悪化させる原因になります。

また皮膚が乾燥していても、皮脂がたくさん分泌されるので、肌が脂っぽくなり、
自分は脂性肌だと思って過剰に洗顔したり、サッパリケアをしている人が実は乾燥肌だったなんてこともあります。

こればっかりは実際に肌を見てカウンセリングしてみないことには
わからないので、自分の肌タイプを知りたい方はエステサロンや美容部員の方に
見てもらうことをお勧めします。

 

 

自分のタイプを知ろう

 

肌トラブルには必ず原因があります。
原因を知るためにはまず、自分の肌や習慣を知ることが大事です。

どんな肌タイプの人でもダメなNG習慣

 

  • オイルクレンジングを使っている
  • クレンジング料を使わずに、w洗顔不要!の洗顔料で洗顔している
  • メイクを落とさず寝る、または拭き取りタイプのものでメイクオフしている
  • 温度の高いお湯で洗顔している
  • ウォータープルーフの化粧品を使っている
  • 外食が多い、睡眠不足、喫煙

 

メイクを落とさず、、という内容が多いですが、スキンケアの基本はクレンジング、洗顔です。
良い美容液を使っても、めちゃくちゃな肌ではしっかり浸透してくれません。
まずは、クレンジング、洗顔でしっかり汚れを落とし、肌のターンオーバーを正常化させることが大事です。

オイルクレンジングもNG。と書きましたが、
オイルクレンジングはメイク落ちが良いのでついつい使ってしまいますが
落ちているように見えるだけ!です。

クレンジング後、洗顔してもオイルは肌に残ります。
その状態で次の日メイクして外出すると、日光を浴びて酸化、また花粉や排気ガス、ホコリなどを皮膚に付着させ、さらに毛穴が詰まります。
そしてその夜またオイルクレンジングで、、、と考えるだけでゾッとしてきますよね。

 

実際私もオイルクレンジングから水クレンジング→ジェルクレンジングに変えていき、
今ではオイルクレンジングを使うと肌がゴワゴワする感じを実感しています。

※オススメの水、ジェルクレンジングはまた別の機会にご紹介します。

 

また高い温度のお湯での洗顔ですが、
洗顔の適正のお湯の温度は30℃~32℃です。

もちろん、肌の状態や人によっては違うのですが、
一般的に32℃くらいで余分な皮脂は流れ落ちてくれます。

35℃以上になると、
先ほどお話しした肌にツヤをだしたり、肌を守ってくれている必要な皮脂までもがゴッソリ無くなってしまいます。

ということは、
肌の乾燥が進んだり、ターンオーバーの周期が乱れたり、紫外線にやられたりと散々なことになるわけです。
※ちなみにシャワーをダイレクトに顔に当てるのも刺激が強すぎるのでNGです。

 

NG習慣に当てはまった人はまず、習慣から見直してみましょう。
当てはまらなかった方は、
クレンジング料、洗顔料、化粧品(メイク道具)+洗顔の仕方を見直してみましょう。

最近では良く言われているのでご存知の方も多いと思いますが、
洗顔は顔と手の間に泡を挟んだ状態で泡を潰さずにコロコロ優しく行ってくださいネ。

 

どろあわわ

角栓ができる人とできない人の違い

 

 

クレンジング、洗顔やその方法が大事だということをお伝えしましたが、
クレンジング、洗顔で毛穴の中まで洗うことは出来ません。

毛穴はとても小さいため、簡単に洗顔料が入り込めません。
また先ほどもお伝えした通り、
適度な皮脂膜や角質などで覆われ保護されています。

では洗顔が大事な理由は、
きちんと洗ってメイクなどの汚れを落とす=ターンオーバーを乱れさせないようにする為です

 

角栓のできにくい人は
お肌が正常に働いている=きちんと毛穴の中の不要なものを自ら排出できている。ので
皮脂や角質が溜まって角栓になることはないのです

一方、角栓が全然治らないという人は、ターンオーバーが乱れている可能性があるということです。

先ほどあげたNG習慣もターンオーバーを乱れさせる原因になるものなので、
鼻パックなどで無理くり角栓を取り出すのではなく、きちんとケアして自らの力で汚れを排出できるようになるように頑張りましょう。

 

 

まとめ

 

いろいろとお話してきましたが、

汚れをしっかり落とす+生活習慣の見直しやお手入れが大事。というのは
ターンオーバーを正常化させるためであり、ターンオーバーが正常化されると角栓は溜まりにくくなる。

と、いうことです。

 

私が一番、角栓が減った!と実感したのは、
オイルクレンジングを使わなくなってからでした。

それから、鼻パックでベリベリ!も行わず洗顔も丁寧に、拭き取る際もゴシゴシせずポンポンと拭くように、、
と、ひとつずつ意識して変えていくと、角栓が増えることがなくなり、ゆっくりですが
確実に角栓が減りました。

それと同時にニキビもできなくなりました。

※角栓は放っておくとニキビにつながります。

肌は手をかけると必ず返事をしてくれるので、きちんと手入れするとやりがいがあると思います。

 

ブツブツイチゴ鼻で悩んでこのページへたどり着いた方が
一人でも多く美肌になりますように。

 

記事を読んでわからなかったこと、もっと聞きたいと思うことなどございましたら
お気軽に下記のお問合せページからご質問ください。

なんでもお問合せください

どろあわわ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。